初期症状がない病気・緑内障【視界に見え隠れする浮遊物の対策】

眼圧が上昇し発生する

看護師と医者

歳を取ると発生しやすい

緑内障は白内障と並んで、歳を取ると発生しやすい眼の病気です。緑内障は眼球を満たしている眼房水が増量することで眼圧が上昇し発生します。眼房水は、眼球内部の毛様体から分泌される液体で、虹彩と角膜が結合している隅角と呼ばれる部位にあるシュレム管を通って眼球の外に排泄されています。要するに、正常であれば毛様体からの眼房水の分泌量とシュレム管を通過する眼房水の排泄量のバランスが取れていることになります。しかし、シュレム管の閉塞等によって眼房水を眼球外部に排泄できななくなると、眼球内部の眼房水の量が増えていくことになり、眼圧が上がってしまうのです。すると、網膜にある視神経が圧迫され緑内障を発症します。ただし、治療薬により緑内障の進行を止めることはできます。

早く発見することが大事

緑内障は、進行を止めることはできますが、残念ながら視力を元に戻すことはできません。ですから、早く発見することが大事なのです。早期発見のためにも、40歳を過ぎた頃から毎年1回は検診を受け、眼の状態を確認してもらいましょう。緑内障の診断は、眼圧検査や眼底検査によって行われ、眼球に風を当てたり、眼の前で撮影用のフラッシュがたかれたりしますが、比較的苦痛を伴うことが少ない検査になります。そして、これらの検査を行うことで、正確に緑内障の診断ができますから、はっきりとした緑内障の症状が出る前から実施しておくべき検査なのです。稀に、加齢とは関係なく緑内障を発症することもありますから、視野が狭くなってきたと感じる人は早めに緑内障の検査を受けましょう。